結婚祝いのご祝儀の相場


結婚祝いのご祝儀の相場

 

結婚祝いのご祝儀は披露宴当日に持参するのが一般的になっています。
披露宴に出席した場合は、一般的に3万円が相場のようです。

かつては割り切れる数は割れる=切れるという意味から縁起が悪いとされており、ご祝儀の金額は奇数が基本でしたが、最近は「2」はペアを表すという意味から2万円のお祝いも一般的になりました。友人の場合、ご祝儀の平均金額は約3万円ですが、社会人になりたての方などは無理をせず2万円でもアリとされています。

 

ひとりの出席で3万円のお祝いをする間柄なら、夫婦の場合は2人そろって5~10万円包むようです。

子供の席(子供料理)が用意されている場合には、大人の半分程度が目安になります。一万円ぐらいが一般的のようです。

 

注意
・お祝い金のお礼は新札を使いましょう。
・自分が出席できない場合、包んだお金を人に託すのは失礼にあたりますので、
結婚式の1週間前までに現金書留で贈るとよいでしょう。
・遠方から結婚式に出席する場合、招待者側から交通費などを負担していただける
場合がありますが、この場合は交通費を含めた金額を包む必要はありません。
なぜならば、遠方の方を御招待するときは旅費、場合によっては宿泊費も
通常、招待者側が負担するのが礼儀だからです。

ご祝儀の相場 / 披露宴に出席する場合(招待制)

新郎新婦との関係
友人・知人  30,000円
兄弟姉妹  50,000円~100,000円
いとこ      30,000円~50,000円
甥(おい)・姪(めい)  50,000円~100,000円
その他の親戚  50,000円
会社の同僚  30,000円
会社の部下  30,000円
会社の上司  30,000円~50,000円
取引先関係  30,000円~50,000円

ご祝儀の相場 / 披露宴に出席しない場合

新郎新婦との関係  40代以上
友人・知人  5,000円~10,000円
兄弟姉妹  50,000円~100,000円
いとこ  20,000円~30,000円
甥(おい)・姪(めい)  20,000円~50,000円
その他の親戚  10,000円~20,000円
会社の同僚  5,000円~10,000円
会社の部下  5,000円~10,000円
取引先関係  10,000円~20,000円

 

結婚祝い / ご祝儀袋(熨斗袋 のし袋 金封 お祝袋)

結婚祝いに用いる祝儀袋・のし袋は、包む金額にふさわしいものを選びましょう。
祝儀袋を選ぶ基準として大事なことは贈る金額とのバランスです。
一般的に、包む金額の1パーセントが目安のようです。

1万円~3万円を包む場合は300円から500円程度のもの

ご祝儀袋の水引き(和紙で出来た紐)は、白赤・金銀(白黒以外の色)の「結びきり」です。
結びきりは、二度と繰り返さず 『一度切り』 にしたいという意味合いからです。
他には、 「あわじ結び (あわび結び)」 があります。
(ちなみに関西ではどんな御祝でも不祝儀でも、あわじ結びを使います)

表書き(書き方)は、「寿」 「御結婚御祝」 「御祝」 とし、贈り主の名前は、表書きよりやや小さめに書きましょう。
毛筆・筆ペン・サインペンを使用し、自筆で書くのがマナーです。
お祝いですのでしっかりとした濃い墨(薄い墨は仏事)で丁寧に書きましょう。

 

 

 

【スポンサード リンク】

【ピックアップ記事】
⇒ ゆふいん創作菓子ぷりんどらを手土産に
⇒ うまい棒の人気ランキング


【スポンサード リンク】

スポンサーPR

About 贈り物.net
贈り物.net が ギフト・お祝い・あらゆるイベントのさまざまなシチュエーションにあわせたプレゼントをご提案いたします♪