「前園の腕時計」ことCT SCUDERIA/スクーデリア


元サッカー選手の前園真聖氏が不祥事後、タレント転向してブレイクして久しい。恐らくブレイクのきっかけは松本人志と東野幸治のワイドなショーのわけありバーテン出演からだと記憶しているのだが、テレビに引っ張りだこになってから前述のワイドなショーにてゲストのSMAPの中居くんに「腕時計」をイジられ、一躍、有名になった「前園の腕時計」ことCT SCUDERIA/スクーデリア。

イタリアのこの腕時計、スタイリッシュでかっこいい。

ctscuderia-top

ブラック×ローズゴールド 1946年から1958年に、6,026台のみイタリアで製造され、オートバイ界に 強い影響を及ぼしたジレラ サトゥルノをイメージしたモデル。イタリア国旗を象徴するカラーカボションが魅力である。 雑誌「OCEANS」2014年8月号掲載モデル 前園真聖 着用モデル。

上記のモデルがワイドなショーでのいわゆる「前園の腕時計」だが、最近の「前園の腕時計」は白い文字盤の新作をつけている模様だ。

時計業界で高い評価を保ち続けているCT SCUDERIA Café racerは、極めて繊細で正確なスイス時計の構造やムーブメントに、大胆なイタリアンテイストを通じて、古典的なカフェレーサー文化から得たひらめきを融合した、ユニークで他に類をみない個性的なコレクションである。

エンリコ・マルガリテッリ氏の旅は、時計屋の3代目として彼の先祖と同じ道を辿り、自然と洗練された時計デザイナーになってゆく。彼は家業を継ぐ以前に、カフェレーサー界の強い魅力に惹かれるプロのバイクレーサーだった。レース場では、定められたタイムでレースをこなす時と、ゴールラインが単なる概念であり、完璧なゴールを見つけるまで挑み続ける時もある。

世界で最も影響力をもつオートバイの公道レース「Café racing」。
それは人間とマシーンとが公の場で共にディスプレイとなり、究極の個人主義である。そしてこのCafé racingは、彼の次なる冒険へと導く自然なひらめきの要素であった。レーサーのスパルタ式な美学とアグレッシブなスタイルを包含した姿は、彼を人類で唯一無二のものにする。

―彼の時計は、他の物と同じであるわけがない―

Café racerスタイルのイタリアンエッセンスは、ドレッシーなジャケットやレザー、ラフで実用的な靴、特異な個性にマッチしたサングラスでマシーンにまたがる男性を完璧に次の曲がり角、次のカフェ、次の長い旅における次のステージにまとめていく。
そしてまたひらめきが、具体化する。つまり 人生の夢は多く、そしてその中のいくつかがあなたを導く。 ひらめきを得る為、冒険してみませんか?

【スポンサード リンク】

【ピックアップ記事】
⇒ ゆふいん創作菓子ぷりんどらを手土産に
⇒ うまい棒の人気ランキング


【スポンサード リンク】

スポンサーPR

About 贈り物.net
贈り物.net が ギフト・お祝い・あらゆるイベントのさまざまなシチュエーションにあわせたプレゼントをご提案いたします♪