冠婚葬祭の「祭」とは?


 

冠婚葬祭とは?

冠婚葬祭はそれぞれ、「元服(げんぷく)」「婚礼(こんれい)」「葬儀(そうぎ)」「祭祀(さいし)」を指します。

【冠】「人生の節目のお祝い」

【婚】「結婚式・披露宴のお祝い」

【葬】「葬儀・告別式」

【祭】「四季折々の年中行事」

 


 

 

 

四季折々の年中行事

母の日 父の日

両親への感謝を伝える日。真心込めて、感謝と愛情の言葉を贈る。

 

5月の第2日曜日は母の日です。その起源は古く、1907年アメリカヴァージニア州にあります。アンナ・ジャービスという女性が最愛の母の命日に追悼の会を催し、母が大好きだった白いカーネーションを配りました。そして彼女は「母親に敬意を払う日」を制定して欲しいと議会に手紙を送り、1914年、時の大統領ウィルソンがこれを定めました。一方、日本で初めて母の日を祝ったとされるのは1915年頃、教会で始められました。今のように広く知れ渡ったのは 1937年頃で、お菓子メーカーが母の日の告知を始めたことによります。
惜しみない愛情を注ぎ、優しく包み込んでくれる母に、感謝の言葉を思い切り伝えたいもの。鮮やかなカーネーションなどの贈り物と共に手紙や電報、グリーティングカードで、ありがとうの気持ちを贈りましょう。子どもや夫からもらう感謝の言葉は、母にとってかけがえのない宝物になるはずです。

 

父の日

父に感謝の言葉を送る日は、6月の第3日曜日です。起源は同じくアメリカとされており、母の日のカーネーションに対して、父の日には白いバラを贈ります。今ではネクタイやお酒などの実用的なものも多く送られているようです。

 

敬老の日

昭和41年に制定された国民の祝日で、以前は9月15日でしたが、9月の第3月曜日になりました。長年にわたって社会に貢献してきた高齢者をいたわり、長寿を祝う日です。長い経験を通して蓄積された豊富な知恵や知識を高齢者から学び取る絶好の機会でもあります。
日頃の感謝を込めて、「ありがとう」という気持ちを伝えるため、プレゼントを贈ったりメッセージを伝えたりしたいもの。とくに離れて暮らしている場合、手紙や電報で日頃はなかなか言えない感謝の言葉を伝えてみたり、電話で健康を思いやる気持ちを話してみてはいかがでしょう。相手も予想以上に喜んでくれるはずです。
からだの自由がきかなくなったり、判断能力が衰えたりしても、高齢者は人生の先輩。自分たちも必ずたどる道でもあることを肝に銘じ、敬老の日だけではなく日頃からあたたかく接していきたいものです。
多年にわたり社会へ尽くしてこられた方々へ、感謝と尊敬の意を伝える。

 

他に「お盆」「正月」「七夕」「年末」「中元・歳暮」などを加えて考えるのが一般的です。

【スポンサード リンク】

【ピックアップ記事】
⇒ ゆふいん創作菓子ぷりんどらを手土産に
⇒ うまい棒の人気ランキング


【スポンサード リンク】

スポンサーPR

About 贈り物.net
贈り物.net が ギフト・お祝い・あらゆるイベントのさまざまなシチュエーションにあわせたプレゼントをご提案いたします♪